より効果を実感できる!正しい馬油を使う順番

 

馬油の美容液って油だから化粧水の後に使うのかな?


 

 

そのように思っていませんか?

 

 

スキンケアに取り入れたいと思っている人もいるのではないでしょうか?

 

 

でも、

 

  • 馬油ってオイル系だから化粧水の後に使うのかな?
  •  

  • 馬油は乳液の代わりになるのかな?
  •  

  • 馬油をもらったけれど使い方がよくわからない・・・

 

 

このように悩む人も多いはずです。

 

 

このページでは「馬油の正しい使う順番」をご紹介します。

 

 

 

馬油と化粧水どっちが先なの?

 

 

 

馬油は油なので化粧水の後に塗るのかな?と思われがちです。

 

馬油は化粧水の前に使う

 

一般的なスキンケアの順番

 

1.洗顔

2.導入美容液

3.化粧水

4.乳液(クリーム)

 

馬油は4の代わりに使いそうですよね・・・

 

 

でも、実は2の導入美容液の代わりに使います。

 

 

なぜ、馬油は洗顔後すぐに使うのか?

 

 

馬の油は「ヒトの皮脂とよく似た性質」を持つので、浸透力が高いのです。

 

肌なじみが良いのが特徴で、特に保湿性に優れています。

 

 

洗顔後に肌に浸透しやすい馬の油を使うことで

 

そのあとに使う化粧水などの成分を肌の中に取り入れやすくなっているのです。

 

 

 

でも、馬油を最初に使うとべたつくのでは?

 

馬油というと「べたつく」イメージがありますよね。

 

商品によっては、かなり油っぽい馬の油もあります。

 

 

でも、潤馬化粧養油はろ過を丁寧に行っていることで

 

 

「油なのにサラサラしている!」


 

と驚きの口コミが多いのです。

 

↓こんな感じでろ過過程が多いので

 

普通なら10キログラム取れる油が3キログラムしか取れないのです。

 

 

一般的な馬油と潤馬化粧養油を付けた手を比べています。

 

ほとんど手につかないくらいさらっとしていますね。

 

 

 

好みで決めてOK?化粧水と馬油どっちを先に付ける

 

 

でも、やっぱり化粧水の後に馬油を使いたい・・・


 

 

好みで馬油と化粧水どっちを先につけてもいいのではないかな?

 

これは残念ですが「馬油の良さ」を生かすことができない使い方なのです。

 

 

それは、化粧水の働きの一つに毛穴を引き締めることがあります。

 

つまり、化粧水を使ってしまうと、馬油が肌に浸透しにくくなってしまうのです。

 

 

馬油の効果を十分に感じるためには

 

馬油→化粧水

 

 

この順番で使うことが大切なのですね。

 

 

 

馬油は化粧水の後に使えないの?

 

馬油は化粧水の後にも使えます。

 

馬油

化粧水

馬油

 

このような順番で「馬油」を2回使う方法ですね。

 

 

導入美容液として馬油を使って、乳液の代わりにも馬油を使うこともできます。

 

 

馬油には下記のような働きもあります。

 

  • 保湿作用
  • 捕菌(殺菌)作用
  • 抗炎症作用

 

化粧水を使った後最後に使うことで保湿作用なども期待できますね。

 

 

 

馬油の正しい使い方のまとめ

 

洗顔後・化粧水前

 

導入美容液として使う

 

 

これがより効果的な使う順番になります。

 

 

ただし、化粧水の後に乳液の代わりとしてさらに馬油を使ってもOKです。

 

 

いろいろなスキンケアを持たなくても「化粧水」と「馬油」この2つがあれば完成するのは経済的ですね。

 

 

馬油を使いたいけれどべたつくのは嫌だなという人は

 

 

サラサラで浸透力が高い潤馬化粧養油が使いやすいです。

 

 

いつでも止められる・返金保証付きの定期購入だと

 

初回は、「潤馬化粧養油の現品プラス化粧水付き」でお得に買うことができますよ。