馬油美容液の正しい使い方

 

馬油を使う順番

 

洗顔

馬油

化粧水

 

このように書かれていることが多いのですが

 

 

なんで化粧水の前に油分なの?


 

と思いませんか?

 

このページでは、

 

  • なぜ馬油を化粧水よりも先に使うのか?
  •  

  • 馬油美容液の正しい使い方

 

紹介します。

 

 

 

 

馬の油を化粧水よりも先に使う理由

 

 

人の肌には「水分」と「油分」が必要です。

 

水分を先に入れてしまうと毛穴が閉じてしまうのです。

 

 

人の肌は油分となじみやすい性質があります。

 

 

乳化剤の入っていない「純粋な馬の油」は毛穴に入り込んでもすぐになじみます。

 

 

そのために、毛穴の中に水分の入る余裕ができるのです。

 

 

洗顔後

 

1.油分を補給する

 

無添加の純粋な馬の油はすぐに肌になじみます。

 

 

2.水分を補給する

 

馬の油がなじんだ肌は「水分が入るスペース」があります。

 

そのために、たっぷりと水分補給ができます。

 

 

3.保湿効果が抜群

 

化粧水と馬の油がなじんで、乳化状態になります。

 

そうすると、肌の表面に膜を作り潤いを保つのです。

 

 

馬油をより効果的に使用する方法

馬油を効果的に使う方法

 

1.毛穴の中に浸透させる方法

潤馬化粧養油を使う順番

 

洗顔後すぐに馬油を使用する。

 

適量(使う商品によって違います)を手に取り、人肌に温めます。

 

次に顔全体に押し込むようになじませます。

 

肌になじんだら、化粧水・乳液で肌を整えます。

 

 

先に紹介した通り、馬の油を使うことで毛穴に水分が入りやすくなり浸透力が高まります。

 

 

潤馬化粧養油は毛穴に馬油を浸透させて使用する導入美容液です。

 

 

 

2.肌の上に馬油で蓋をする方法

 

化粧水の次に馬油を使用する。

 

適量を手に取って刷り込むというよりも肌の上に湿布する感覚で使います。

 

馬油で人気のソンバーユは公式サイトで水分の後に油分を使っても良いとしています。

 

 

この順番に使用することで肌の水分の蒸発を防ぐ効果が期待できます。

 

ソンバーユと化粧水はどう使うの?

お肌の保湿には、水分と油分が必要です。水分が足りない場合は化粧水、油分が足りない場合はソンバーユ。塗布する順番はお肌の調子を見ながらお試しください。出典ソンバーユ

 

 

馬油美容液の正しい使い方って本当はどうなの?

 

当サイトは潤馬化粧養油を馬油としておすすめしています。

 

そのために、馬油→化粧水を紹介してきました。

 

でも、同じ馬油美容液で人気のソンバーユは化粧水→馬油とおすすめしているようですね。

 

 

毛穴の中に馬油を浸透させるのか?
(導入美容液としての利用)

 

肌の表面を馬油で膜を作って保湿するのか?
(乳液やクリームの代用)

 

 

このような違いがあるようです。

 

 

購入した馬油の使用方法をよく読んで「その商品に合った正しい使い方」をすることが大切だとわかりました。

 

潤馬化粧養油詳しくは↓

 

ソンバーユ詳しくは↓

【送料無料】ソンバーユ 無香料  70ml(ソンバーユ) 無添加 元祖 馬 馬油 尊馬油

価格:1,525円
(2021/5/16 18:32時点)
感想(128件)